インドネシアとNAHAのハラール相互認証について

2019年11月18日

現時点ではまだインドネシアの新しいハラール認証機関BPJPHとNAHAの手続きが完了していない状態です。もしインドネシア認証を緊急で行う場合は、Japan Muslim Association (JMA), Japan Halal Association (JHA), MPJA (Muslim Professional Japan Association) などのインドネシアMUIと相互認証を持つ日本の認証団体に相談されることをお勧めします。どこでハラール認証を取得について、我々認証団体はそれほど重要では無いと考えています。それよりも、ハラール認証を取得する事を躊躇するビジネス機会損失のほうが心配だからです。

今、認証団体であれ企業であれインドネシアのハラール認証の行方について世界中が注目しています。しかし、企業のほとんどはインドネシアのハラール認証のことを気にする反面、インドネシアの通関やビジネスについて殆ど知識と関心を持っていません。これで本当に良いのでしょうか?

インドネシアに日本から商品を送って販売するには、実はハラール認証よりも大事なのがBPOMと呼ばれる必須の商品登録のほうが時間もコストもかかります。
ですので我々としては、インドネシアで売りたいのであればハラール認証よりもまずこちらのBPOM登録作業を先に行う事をお勧めします。この順序であれば、NAHAが現在進めているインドネシア新認証団体BPJPHとの相互認証手続きが完了する時、御社は同時にBPOM登録も完了していて、すぐにインドネシア市場向けの商談が行える状態になる予定だからです。

最新の情報や進め方で疑問がございましたら、いつでもご相談下さい。BPOM登録についても相談パートナーをご紹介いたします。

インドネシアのBPJPHについて詳しくこちらの資料をご覧ください。


  • Translation


  • ハラール認証システムのご案内

    お問い合わせ・ご相談

    お問い合わせはお電話または
    メールにて受け付けております。

    03-5413-8418 お問い合わせ 〒260-0044
    千葉県千葉市中央区松波
    2-6-2 CICCビル5F